青バナナのカレー

DSC_0505難消化性炭水化物がたくさん含まれるため、便秘解消にいいと話題の青バナナを入れたカレーです。バナナは青いうちは甘さもなく、じゃがいもに似た味がするので、じゃがいもの代わりに使っています。

畑で育てているバナナは、運が良ければ樹上で黄色く熟します。完熟のバナナは、それはそれは甘くてクリーミー。青いうちにとって追熟させたものとは全然違う味わいです。

DSC_0500

長い梅雨の後、本当に夏らしいのはわずか2ヶ月程度の日本では、バナナはなかなか樹上で黄色くなりません。そうこうしているうちに、秋の台風シーズンがやってきて、強風でバナナの木が倒されてしまうこともあります。そうしたバナナは追熟させて食べたり、野菜として調理用に使います。DSC_0501

青いバナナは熟れたものとは違って、手ではうまくむけません。なので、包丁を使って、皮を薄く剥きます。実を薄切りにして油でカリッとあげると、甘くないバナナチップスです。いえ、ポテトチップス、というほうが、近いかもしれません。

DSC_0504

今日はカレーに入れるので、1cmほどの厚さに切ります。これを油を引いたフライパンで、表面がカリッとするまで焼きます。

これを普通に作ったカレーに投入します。市販のカレールーを使わずに作る場合のレシピをご紹介しておきます。うちは玉ねぎの食感が苦手な家族いるため、玉ねぎを一度ピューレ状にします。少し白っぽい色のカレーになりますが、とてもおいしいです。

青バナナのカレー

材料
青バナナ・・・小さいもの5〜6本
玉ねぎ・・・中2こ
好みのきのこ・・・たっぷり
コンソメ・・・2こ
りんご・・・1/2こ
水・・・400cc
カレー粉・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
オイスターソース・・・大さじ1

作り方
1)青バナナは皮をむいて1cm厚さに切ります
2)1)をオリーブオイル大さじ2を引いたフライパンで表面をこんがり焼きます。きのこは食べやすい大きさに切り、オリーブオイル大さじ1でかるく炒めておきます
3)鍋にオリーブオイル大さじ1とざく切りにした玉ねぎを入れ、弱火で少々蒸し焼きにします
4)少ししんなりしたら、水とコンソメを加え、柔らかくなるまで煮ます
5)4)の玉ねぎが柔らかくなったら、バーミックスで全体をピューレ状にします
6)5)にカレー粉、醤油、オイスターソースを入れて味をととのえます
7)焼いた青バナナときのこを加え、味をなじませたら出来上がり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です