バターナッツかぼちゃのスープ

DSC_0110秋はかぼちゃの季節ですね。肌寒い夜、温かいスープを飲むと気持ちまでほっこりします。今日はバターナッツかぼちゃを使って、優しい甘さのポタージュにしてみました。

バターナッツかぼちゃは形が可愛らしくて、この季節になると必ず買います。キッチンカウンターに転がしておくだけで、何か絵になる、というか。

DSC_0096

水分が多くて、ピューレにしやすいので、今回のようなスープやパンプキンタルト、パンプキンプリンなどに向いています。が、私は(個人的な意見ですが)煮物や天ぷらなどには、ほくほく、濃厚な味の日本のかぼちゃのほうが美味しくできると思います。Kuri KabochaとかHokkaidoとかの名前で売られている日本のかぼちゃは海外でも人気なんです。

DSC_0098

バターナッツかぼちゃは、日本のかぼちゃより皮が薄くて切りやすいです。半分に切って、皮をむき、適当な大きさに切ります。オリーブオイルでしんなりとなるまで炒めた玉ねぎと共にコンソメで煮込んで、柔らかくなったら、バーミックスでビュンっとスープにしちゃいます。ミキサーでもできます。

このまま塩コショウで味を整えるだけでも十分おいしいですが、今日はカシューミルクを加えて、さらに優しい味にしました。

DSC_0111

トッピングはクルトンです。中途半ばに余った食パンやバケットは、ラップに包んで冷凍しておきます。そしてスープやサラダにクルトンを使おう!と思った時に、自然解凍して、オリーブオイルを塗ってオーブンで焼くと、カリカリおいしいクルトンが出来上がります。今日はスープの付け合わせに、オーブンで焼き野菜を作ったので、その横でクルトンを一緒に焼きました。オーブントースターでも大丈夫です。

オリーブオイルをスプレーのように振りかける容器があれば、とっても簡単にできますが、なければ刷毛で塗ります。今回はプレーンですが、オイルを塗ったあとにドライハーブやガーリックパウダーを振りかけて、フレーバークルトンにしてもいいですね!

あつあつのスープに焼きたてのクルトン・・・とってもよくあいます。あらびきこしょうやカイエンペッパーを振って食べると、優しい甘さのスープとスパイシーな後味のコントラストが楽しめます。

バターナッツかぼちゃのスープ

材料
バターナッツかぼちゃ・・・中くらいのもの半分
玉ねぎ・・・中1こ
オリーブオイル・・・大さじ2
野菜コンソメ・・・1こ(顆粒なら小さじ1)
カシューミルク・・・カップ1
クルトン用食パン・・・6枚切り半分
オリーブオイル・・・少々

作り方
1)玉ねぎは小さく切って、オリーブオイルでしんなりするまで炒めます
2)1)に皮をとって小さく切ったかぼちゃを加え、水180ccとコンソメを入れ蓋をして煮ます
3)かぼちゃが柔らかくなったら、バーミックス(またはミキサー)で滑らかにします
4)カシューミルクを入れ、一混ぜします。沸騰ささないよう注意します。
5)クルトンを作ります。パンをサイコロ状に切り、オリーブオイルを塗ります
6)5)を180度に予熱したオーブンで10分(きつね色になるまで)焼きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です