豆乳スープの冷やし麺

2016-05-16-18-42-03毎日食べても飽きないってほど、麺料理が好きなのですが、そうは言っても、味のバリエーションがたくさんあるほうが楽しい!ということで、外食で気に入った味などは、簡単アレンジで再現を試みています。レストランの味に近づけることができないものも、いつしか自分の好みの味に定着していたりします。これもそんなレシピの一つ。暑くなると食べたくなる味です。

今日は、米粉パスタを使いましたが、細めのうどんでも、お蕎麦でも、中華麺でも素麺でもおいしくできますよ。

豆乳スープは、おうちで簡単に作れる麺つゆ(*作り方はレシピ欄にあります)を、豆乳と1対1の割合で割っただけ。お手軽です。市販の濃縮タイプのつゆを使う時には、200CCの豆乳に対して大さじ3くらいから、好みの味に調整してみてください。

2016-05-16-18-42-38

具はなんでもいいのですが、私は今日使った、「キムチ+ゆで卵+きゅうり」に、おろしにんにくと七味を少々、という組み合わせが一番好きです。

キムチは今、発酵食品の中でもクイーン的存在というか、ものすごい人気ですねー。海外の健康志向のお店で、キムチが普通に売られていましたし、キムチを挟んだサンドウィッチやバーガーまで見かけました!

加熱してしまうと、キムチについている善玉菌が死んでしまいますから、キムチはそのまま食べるのが一番!なので、サンドウィッチの具にしたり、今日のように麺のトッピングにするのが理想的ですね!

とはいえ、チャーハンやお好み焼き、スープ、炒め物にキムチを入れたものも、おいしいのは否定しません。。。

さて、今日の豆乳スープの冷やし麺・・・ミルキーなお味なので、女性に好まれる味だと思います。が、おろしにんにくを添えるとパンチの効いた味になり、豆乳が苦手な男性にも好評です。

豆乳スープの冷やし麺

材料(2人分)
好みの麺・・・200~250g
麺つゆ・・・300cc *作り方は下記にあります
豆乳・・・300cc
好みのトッピング・・・お好きな量

作り方
1)麺つゆを作ります。水400ccを沸騰させ、だしかつをでだしをとります。みりん、醤油大さじ3ずつ入れ、一煮立ちしたら火を止めて冷ましておきます
2)麺は袋の表示通り、もしくは少し柔らかめに茹でて、水洗いしておきます
3)冷やしておいた麺つゆと豆乳を混ぜ、豆乳スープを作ります
4)器に麺を盛り、3)の豆乳スープをかけ、トッピングをのせます
5)好みでおろしにんにく、七味を添えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です