ラディッシュと春キャベツの塩もみサラダ

2016-04-24-17-28-23皮の華やかな赤と身の白のコントラストが美しいラディッシュ。飾り包丁を入れたりして可愛らしくカットされたものが、料理に添えられたりします。そんな、ちょっと「脇役」っぽいラディッシュですが、実はすごーく栄養が豊富でデトックス効果もある、春にはたくさん食べたい野菜なんです。

少しピリッとした辛味のあるラディッシュを、甘い春キャベツと塩もみにしました。薄い塩味で、お漬物としてではなく、サラダ風に、たくさん食べる「塩もみサラダ」です。

DSC_0700ラディッシュは本当に可愛らしいですよね。二十日大根、とも呼ばれるとおり、短期間で収穫できて、プランターでも育てやすいことから、家庭菜園に向いた野菜の一つですね!

うちでは無農薬で育てていますが、こんなにきれいなラディッシュができます。あまりの可愛さに、記念撮影です(^^)(^^)(^^)

ラディッシュには、硫黄、ケイ素、ビタミンCが豊富に含まれています。硫黄やケイ素は髪や爪、皮膚を美しく保つのに必要な栄養素なんです。

ケイ素は、骨密度を増加させる他、お肌のシワの改善や、髪や爪の健康な状態にするという研究結果もありますから、女性としてはぜひ、心がけて摂りたい栄養素と言えます。

ラディッシュはデトックス効果も高く、体内の不要な物質を体外に排出してくれるんですよ!

2016-04-24-17-27-45

今日の塩もみサラダには、ラディッシュの根の部分だけを使いましたが、葉も入れても大丈夫です。うちでは、ラディッシュの葉は取っておいて、翌朝のグリーンスムージーに入れています。

生姜を細く切って入れたり、冷凍しておいたゆずの皮を入れたり、その時の気分で違う風味を楽しめます。

ラディッシュと春キャベツの塩もみサラダ

ラディッシュ・・・お好みの量
春キャベツ・・・お好みの量
きゅうり・・・1本
鷹の爪・・・1本
塩・・・小さじ1~(野菜の量で加減)
生姜、ゆずの皮などを好みで

作りかた

1)野菜は好みの大きさに切ります
2)生姜やゆずを使う場合は、小さく切っておきます
3)野菜と2)の薬味を大きなボールに入れ、鷹の爪、塩とともに全体を混ぜます
4)重石をして、しばらくおき、水分を絞って食べます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です