ローズセラニウムの葉でフェイススチーム

DSC_0681季節の変わり目だからか、花粉が舞うからか、春は肌が揺らぎます。顔の皮膚につっぱりや乾燥を感る時、フェイススチームをすると和らぎます。肌がやわらかくなり、しっとりと落ち着く感じ。お湯だけも効果はありますが、生のハーブやエッセンシャルオイルを使うと、さらに癒されます。

スチームに使う生のハーブは、ミントやユーカリ、ラベンダー、レモンバームなど、どんなハーブでも、好みのものでいいと思います。

が、うちの庭では、この季節、ミントやレモンバームはまだやっと小さな新芽を出したばかり。なんだか可哀想で使えません・・・

DSC_0680

なので、一年中、青々と元気で、どんどん大きくなるローズゼラニウムを使っています。

ローズゼラニウムの葉は、指でこすり合わせると、とってもいい香りがします。不思議なことに、このいい香りを蚊は嫌うそうで、夏は蚊よけとして人気があるようです。

ヨーロッパでは、赤い花を付けるゼラニウムが窓際に飾られている光景を目にしますが、あれはきっと虫除けなんだろうな、と思います。

そういえば、うちの近くの海沿いのリゾートホテルにも、エントランスに沿って、ずらっとゼラニウムの鉢が吊るされています。

葉を花瓶などに入れて室内に置いても効果がある、と聞いて、うちでも室内に置いています。前を通るたびに、いい香りで、幸せな気分になります。

では、フェイススチームのやり方です。葉っぱの部分だけを摘み取って、大きめのガラスボールや陶器入れます。上から沸騰したお湯を注ぎます。

DSC_0688

頭からすっぽり、大きめのバスタオルをかぶり、お湯の上に顔をかざします。(湯気が届くけれども熱すぎない、適当な距離で)

肘をついて、リラックスしながら、深〜く息を吸い、ゆっくりとお湯の表面に息を吹きかけ、蒸気をタオル内のスペースに循環させるといいです!

湯気が顔の皮膚を優しく包み、とってもリラックスします。

お湯も冷めてきて、湯気も上がってこなくなったら、スチームは終了です。毛穴が開いているので、冷たい化粧水で毛穴を引き締めます。

その後はオイルなどでしっかりと保湿しておきます。

風邪気味のときや、鼻づまりが辛いときは、お湯にミントのオイルを2,3滴入れ、ミントやユーカリの葉(ドライでも生でも)を使ってスチームするとすっきりとした気分になりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です