コーンフレークのクッキー:卵あり・なしの2バージョンで!

DSC_0650卵酒を作ると残る卵白は、たいてい、このクッキーに変身します。これがとびっきりおいしくて、いつもあっという間になくなってしまうんです。卵白がない日でも、卵なしバージョンレシピで作ってしまうほど、後引くおいしさです。

このクッキーのベースはコーンフレーク。最近見つけた、オーガニックなのに手頃な値段の商品を使っています。

DSC_0655

これです。プレーン、とありますが、全く味がついていないのではなくて、砂糖と塩が添加されています。

DSC_0656

砂糖も有機なので安心ですが、個人的には全く味のついていないものであってほしかったです・・・

とはいえ、シュガーフロストのものとは比べものにならないほどあっさりしているので、気に入っています。

ベースに甘くないコーンフレークを使うことで、甘めの具を混ぜ込んでもよし、甘くない具を入れておつまみ風にしてもよし、と、味にバリエーションが広がります。

DSC_0653

うちで一番人気のあるのは、夏みかんで作ったピールを細かく刻んで混ぜ込んだものです。さわやかに柑橘が香る、「甘い」バージョンです。

「甘くない」バージョンでは、スパイスを混ぜ込んだものがいけます。私が気に入っているのはクミンを小さじ1 ほど混ぜ込んだもの。不思議な美味しさで、あと一つ、あと一つ、と手が伸びてしまうんです。

DSC_0652

ただ、これを作ると、キッチンが1日、インドの香りになってしまうのが、少し困ります・・・

クミン以外にもフェンネルシードや、スパイスの効いた紅茶茶葉を混ぜても美味しいです。

小さく、薄く焼くのが、カリカリっとした美味しさのコツです!

卵白を使わないバージョンでは、卵白の代わりにフラックスシードの粉を水で溶いたものを使います。出来上がりの食感は少々違うものの、味は遜色ないですし、なによりも栄養価アップが嬉しいです。

2016-05-01-12-14-15

フラックスシードで作ったバージョンです。ひまわりの種とチョコチップを入れました。これもいけますっ!

コーンフレークのクッキー

材料(32枚分)
甘くないコーンフレーク・・・2カップ
きび砂糖・・・大さじ2
ココナツオイル・・・大さじ3
米粉(または小麦粉)・・・大さじ1
卵白・・・1個分
(具・・・なくてもOK)
クミンシード・・・小さじ1
または好みのドライフルーツのみじん切り・・・大さじ2~3
または好みの紅茶茶葉・・・大さじ1/2

作り方
1)コーンフレークに米粉、砂糖、クミンシード(またはど来フルーツや紅茶茶葉)を入れ、よくまぜます
2)溶かしたココナツオイル、卵白を入れてよく混ぜます
3)オーブンシートを敷いた天板に、2)を小さじ1ずつスプーンで落とします
4)ぎゅっぎゅっ、と手で平らに押さえつけて、形を整えます
5)170度に予熱したオーブンで15分焼きます

*卵白なしバージョン*
フラックスシードの粉末大さじ1を大さじ2杯の水で溶き、これを卵白の代わりに使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です