ピスタチオとアーモンドの塩チョコレート

DSC_0553カカオバターと上質のココアを使った手作りチョコレートです。メープルシロップで甘みをつけ、ちょっぴり塩を加えたソルティー&スィートなお味です。最近人気の塩チョコレートですが、普通のチョコレートがお好きなら、塩を入れずに作ってもおいしいですよ。美容効果のあるカカオたっぷりなチョコレートです!

カカオの効果の中で、私が特に注目しているのが、肌のアンチエイジング効果です。食事や栄養のコーチングをしていて、やはりみなさんの関心が一番高いのが、アンチエイジング効果のある食べ物、ということになるのですが、カカオはフリーラジカル(←シワやたるみの原因です!)を中和する作用がある抗酸化成分を豊富に含んでいるのです。女性なら誰もが気になるお肌の加齢による衰えを遅らせたり、和らげたりしてくれるのです。

こういった効果が広く知られるようになってから、一昔前までの、「虫歯や吹き出物、肥満の原因になる」といった悪いイメージは薄まり、一躍「女性の味方」に躍り出たチョコレートですが、チョコレートなら、どんなものでもこうした効果が期待できるわけではありません。市販のものの中には、質の悪い油脂と砂糖の固まりでしかない製品もたくさんあるのです。

プレミアムチョコレートと言われる高価な商品だって例外ではありません。私も大好きだった超有名ブランドのチョコレートも、トランス脂肪酸や遺伝子組み換え甘味料、合成着色料などが使われています。さらに米国産のもので乳成分が含まれる製品では、牛に与えられる成長ホルモンが原料の乳に含まれる危険もあります。そんな「摂らないほうがいい原材料」がたっぷりのチョコレートに、ほんの少しカカオが含まれているからといって、「美容や健康に良い」とは到底言えないと思います。

市販品を選ぶときには、オーガニックのチョコレートを選ぶと安心です。

自分で手作りするのもいい方法です。手作りには・・・

  • 良質の材料を選べる
  • 白いお砂糖以外の好みの甘味料が使える
  • 好きな具をチョイス可能
  • 乳製品を配合しないなど、自分のアレルギーや好みに配慮できる

・・・などの利点があります。

チョコレートを作るには、カカオバター、カカオパウダー(バンホーテンなど、良質の無加糖のココアでもOK)、甘味料の3つが必要です。

DSC_0548

カカオバターは室温で固体です。

これを包丁で削ります。湯せんで溶けやすくするためです。カカオバターはそれほど硬くないので、苦になる作業ではありません。細かく削る方が早く溶けます。

DSC_0549

これを湯せんで溶かします。50度くらいのお湯を大きな鍋などに入れ、そこにカカオバターを入れたボールを入れます。お湯が中に入らないように注意します。

ヘラなどでかき混ぜながら溶かします。温度計を使って、45度以上にならないようにしながら作業します。45度に近づいたら、湯せんをはずしてかき混ぜながら溶かします。

DSC_0550

溶けました。

ここにカカオパウダー、メープルシロップ(または蜂蜜)、塩(省略可)を入れ、よくかき混ぜます。

なめらかになったら、オーブンシートを敷いた浅いトレーに流します。

DSC_0551

今日はダイスピスタチオ、ローストしたアーモンド、ココナッツを乗せました。ひまわりの種やドライフルーツ(柑橘系のピールがオススメ)もよく合います。具の組み合わせ、量を変えて、違った味が楽しめます。

DSC_0552

冷蔵庫で冷やします。1時間くらいで固まり、食べれる状態になりますが、私は3時間以上冷やした、もっと固い食感のものが気に入っています。できたチョコレートは手で割っても、ピザカッターなどで切ってもいいですね!

中にヘルシーなピーナッツクリームを詰めて、小さなカップで固めたもの、オーツバーの上に流しかけて固めたものなど、このレシピを応用して作れるバリエーションがいくつかありすので、順次紹介したいと思います。ホワイトチョコレートもあります!またカカオバターが手元にない場合には、ココナツオイルで作ることもできます。そのレシピも後日ご紹介します。

いい材料を使って作るチョコレートですが、カカオバターが脂肪であることに変わりはありません。いっぺんにたくさん食べるのではなく、毎日少しずつ楽しみましょう!

ピスタチオとアーモンドの塩チョコレート

材料
カカオバター・・・200g
カカオパウダー(または無加糖のココア)・・・大さじ6
メープルシロップ(またははちみつ)・・・大さじ3(甘めがお好きなら4)
天然塩・・・小さじ1/2
ピスタチオダイス、アーモンド、ココナツなど好みの具・・・適量

作り方
1)カカオバターは細かく削ります
2)1)を湯せんで溶かします
3)2)にカカオパウダーとメープルシロップを加え、よく混ぜます
4)オーブンシートを敷いたトレイに流します
5)4)に好みの具を載せます
6)冷蔵庫で1時間〜冷やし固めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です