重曹でお掃除!

DSC_05382016年がスタートしました。今年はお掃除を丁寧にすることを目標にしました。うちでは、ずいぶん前からお掃除に重曹が大活躍です。ベーキングソーダとも呼ばれる重曹は、人体に無害で環境にも優しいと知ってから、いろいろな場所でいろいろな使い方を楽しんでいます。今日はうちで定番の重曹の便利な使い方をご紹介します!

1) 除湿・臭い消しに

私の一番のお気に入りの使い方です。かわいいガラスや陶器の容器に重曹を入れ、貝殻やサンゴ、流木を飾って、トイレのオブジェにしています(トップの写真です)。2,3ヶ月たって効果がなくなってきたな、と思ったら新しいものに取り替え、古いものは、お掃除に活用すると無駄がありません!

トイレ以外にも、靴箱やシンク下、押入れ、冷蔵庫など、臭いの気になる場所に使えます。こういった場所には、割れる可能性のあるガラスや陶器の入れ物より、プラスチックの容器のほうがいいと思います。うちでは、海苔の空き容器を利用しています。こぼれにくく、口が広いので、使いやすいです。

キッチンのシンク下と冷蔵庫に使う場合は重曹のみを入れて、クローゼットや押入れで使うものには、重曹を入れた後、好みのアロマオイルを数滴たらすといい香りで癒されます。

DSC_0539

除湿・消臭効果がなくなった重曹は、トイレ掃除に使いましょう!うちではオブジェで使っていた重曹を小さな容器に移し替えてトイレにおいてあります。上の写真の左が重曹、右はクエン酸です。

使い方は、便器の水の溜まるところに重曹とクエン酸を入れるだけ。シュワ〜と泡立ちますので、しばらく置いてから水を流すと、きれいになります。

これはずいぶん前に知人から教えてもらった方法の簡易版です。「重曹とクエン酸を少量の水で溶いて精油(アロマオイル)を足したものをボール状にして乾かし、これを「ぽん」と便器に入れると、泡が立って掃除ができる」、というのがオリジナル版ですが、作るのが面倒になり、粉末状のを入れるだけ、というお手軽バージョンに落ち着きました。入れる量は、重曹大さじ2くらい、クエン酸大さじ1くらいで十分です。

2) 入浴剤

DSC_0543

私は市販の入浴剤を使うと、かぶれたり、かゆくなったりしてしまいます。市販品の大部分は、お湯を鮮やかな色にしたりいい香りをつけるため、タール色素や合成香料を配合してありますが、私はこのどちらにもアレルギーがあるからです。上の写真の入浴剤にも黄色202号が入っています。石油で色付けされたライトイエローのお風呂なんて、恐ろしくて入れません・・・

色のついたお風呂はお子さんが大好きだと思いますが、タール色素は経皮吸収する可能性があることが指摘されているので、できるだけ使ってほしくありません・・・

でも!重曹だけだと安心して楽しめます。市販の入浴剤の有効成分は硫酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウム(重曹)ですが、重曹だけでもお肌すべすべ効果が得られます。

使う量は、湯船の大きさにもよりますが、カップ1~1.5杯ほどです。

写真

重曹だけでは物足りない場合は、マグネシウムフレークやアロマオイルとともにバスソルトを作るといいですね!

重曹バスを楽しんだ後は、クイックお掃除のチャンスです!入浴後、お湯を抜く前にバスタブの中をスポンジで軽くこするだけで、簡単にバスタブの掃除ができます。うちではタイルや壁も普段のお掃除は重曹をふりかけて、こすって、洗い流すだけです。

3) 足湯に

足湯用のタブまたは洗面器にお湯を張り、大さじ3杯ほどの重曹を入れます。ゆっくりと足を温め、足の皮膚が柔らかくなったら、優しくこすり、角質を落とします。

3)歯磨きペースト

重曹をオキシドールで固めに溶き、食用のペパーミントオイルを数滴入れます。

4) マウスウォッシュ

コップ1杯の水に小さじ1杯ほど重曹を入れて溶かしたもので、口をすすぎます。口臭に効果があります。

5) 布製品のお手入れ

布張りのソファー、お布団、クッション、ペット用のマットなど、布用品の消臭に。パウダー状の重曹を直接ふりかけ、お日様に干し、ふっくらとしたら重曹を掃除機で吸い取ります。

この方法は、カーペット敷きの床にも使えます。お日様に干すことができない分、余計に臭いや汚れが気になるカーペットには、たっぷり目に重曹をふりかけます。できればお出かけ前や就寝前など、長時間カーペットの上を歩かない時間帯に、できるだけ長く放置します。その後、丁寧に掃除機で重曹を吸い取れば完了です。

DSC_0541

こうしたお掃除に使う重曹は、空になった調味料入れを利用しています。クッションなど、小さい範囲に使うには小さい容器で・・・

DSC_0544

ソファーやカーペットには、大容量の調味料入れが活躍します!うちでは、コストコのブラックペッパーの空き容器を使っています。

粉末の重曹は、ペットのトイレにふりかけても効果があります。

6) スプレーでお手軽拭き掃除

DSC_0540

空いたペットボトルに大さじ1杯の重曹を入れて、水で満たし、重曹スプレーを作って、トイレや洗面所、キッチン、二階の居間に置いておくと便利です。根が面倒くさがりの私は、バケツと雑巾を用意しての拭き掃除は、なるべくしたくない・・・のが本音です。なので、普段はこれでシュシュと吹きかけてウエスで拭き取るだけのお手軽拭き掃除です。ドアノブや、床タイルにこぼしたコーヒーのシミなどの軽い汚れは、これで十分落ちます。また、冷蔵庫の中など、洗剤を使いたくない場所も、このスプレーでお掃除しています。

トイレの床や便器なども重曹スプレーをふきかけ、使い捨ての布などで拭き取ります。ペットの餌入れの掃除にも安心です。

7)植物に

DSC_0542

観葉植物の葉に重曹スプレーをふりかけて、優しく拭き取ると綺麗になります。また、トイレや玄関に飾る切り花の水に、重曹を少々入れると花が長く楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です