きのこご飯

DSC_0049きのこは一年中手に入りますが、秋になると、きのこ料理が一通り食べたくなりませんか?ホイル蒸し、きのこのパスタ、そしてきのこご飯。どれも和のほっとする味だからでしょうか。

子供のころ、おばあちゃんが一升単位で炊いてくれる炊き込みご飯が大好きでした。おばあちゃんの炊き込みご飯は、鶏肉や人参、ごぼう、油揚げ、こんにゃくなど具沢山で、しっかり目の味付けでした。おばあちゃんの味付けを少し薄めにしたのが私の炊き込みご飯。筍ご飯、ツナの炊き込みご飯からきのこご飯まで、もうずっとこの味付けで作っています。

きのこはローカロリーな点が強調されることが多いですが、とっても栄養があり、免疫を強化するスーパーフードです。その上安くておいしい!これから風邪やインフルエンザの心配な季節がきますので、毎日少しずつ食べるようにするといいですね!お味噌汁の具にしたり、肉そぼろのようなしいたけの佃煮やなめたけを作って、朝食の常備菜にすると毎日食べても飽きません。

そんなきのこをたっぷり入れて、油揚げでうまみをプラス。彩には人参を少し入れ、出来上がりに大葉をトッピングしました。色合いも香りもワンランクアップです。

お米は白米を使っています。普段の食事は玄米ですが、炊き込みご飯は玄米だと調味料がうまく染み込まない気がするからです。秋は新米も出てきますし、この季節はついつい白米を買ってしまいます^^;

きのこご飯

材料
白米・・・2合
しめじ・・・1パック
しいたけ・・・5~6枚
*他のきのこでもOK!
油揚げ・・・1枚
人参・・・5cmくらい
醤油・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
青じそ・・・2~3枚

作り方
1)お米はあらって、普通の水かげんで炊飯器にセットします
2)油揚げまたは厚揚げを熱湯で油抜きし、小さく切ります
3)人参は短冊に切ります
4)1)に2)と3)、食べやすい大きさに切ったきのこを入れます
5)醤油、酒、みりんを計り入れます
6)炊飯スイッチを押します
7)炊き上がったら細かく刻んだ大葉を乗せます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です