甘くない赤しそジュース

DSC_0041赤しそをたくさんいただいたのでジュースにしました。しっかり甘みをつけて炭酸で割って飲むのもおいしいですが、今日のは甘くないバージョンです。喉が渇いた時にお茶や水の代わりに飲んだり、スポーツの時に持って行ったりします。甘くないので糖分の取りすぎを気にせず、赤しその栄養を摂ることができます。

今回いただいたのは、ちりめん紫蘇だそうです。葉の表面がしわしわしています。

DSC_0040

葉だけを取ります。今回は大きなざるに2杯分とれました。だいたい300gぐらいです。

大きな鍋にお湯を沸かし、きれいにあらった紫蘇を入れます。沸騰したら、しばらく煮出します。葉の赤い色素がお湯に溶けて、葉は緑っぽい色に変わります。

火を止めて、こします。ここに、レモン汁と蜂蜜を入れ、溶かします。私の配合は水2Lに対して、レモン汁と蜂蜜が大さじ5ずつです。もっと酸っぱくしたり甘くしたりできます。私はあっさり、さっぱりが気に入っています。

瓶に入れて、冷蔵庫に保存します。私は水で2倍に薄めて飲んでいますが、ストレートに氷を浮かべて飲んでも、味が濃すぎないのでおいしいです。

赤紫蘇は漢方に使われるほど薬効がありますが、普段のお料理ではなかなか使い道がないので、こうしたジュースで気軽に摂取できるといいですね。花粉症にいいらしいので、たくさん作って、毎日少しずつ飲んでいます。他にもビタミン B群や鉄分ポリフェノールなど、注目の栄養素が多く含まれてています。

DSC_0066

青しそでつくってもおいしいです。水、紫蘇、レモン汁、はちみつの割合は赤紫蘇バージョンと同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です