トマトと青じその冷製パスタ

IMG_0483夏になると、何度食べるかわからない、大好きな冷製パスタをご紹介します。にんにくと醤油という「まちがいない」組み合わせに、レモンを合わせ、シソとトマトでさっぱり感をだしました。

去年の夏は週1度は食べていたこの冷製パスタ。飽きないんです。とにかくおいしい!食欲のない日でもさっぱりと食べられるのですが、ガーリックオイルのおかげで、しっかりとした味です。

2016-07-14-12-09-10
もみ海苔を散らせば栄養価もアップ!

 

全粒粉のパスタを使っているので、食物繊維、たんぱく質、鉄分も豊富です。

全粒粉のパスタは苦手という人は結構多くて、その気持ちもわかります。ミートソースやペペロンチーノなど、アルデンテで食べるパスタ料理に使うと、ボソボソした感じが気になることがあります。

でも、冷製パスタなら大丈夫!

冷製パスタの場合、茹で上がったら冷水でしめるため、通常より1,2分長く(柔らかめに)茹でます。さらにドレッシングで和えることで、表面がしっとりし、ボソボソ感が気になりにくいのです。

2016-07-14-12-09-24

暑い夏、うちでは麺料理を食べる機会がぐっと増えます。冷やし中華の麺やそうめんは、栄養価の低い白い(精製された)小麦粉でできているのが普通ですが、どれも大好きな夏の味なので、割り切って楽しく食べています。けれども毎日白い麺にしないで、10割蕎麦や全粒粉パスタを使ったメニューとうまくローテーションするようにしています。

トマトと青じその冷製パスタ

材料
全粒粉パスタ・・・200g
トマト・・・好みの量
青じそ・・・10枚
にんにく・・・1かけ
オリーブオイル・・・大さじ2
醤油・・・大さじ3
レモン汁・・・大さじ2

作り方
1)パスタは表示より1,2分長めに茹でた後冷水でしめ、水を切ってボールに入れ、冷蔵庫で冷やしておきます
2)トマトは食べやすい大きさに切り、冷蔵庫で冷やしておきます
3)青じそは細く刻んでおきます
4)フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れてから火をつけます(弱火)
5)弱火のまま、煙を出さないようにゆっくりとオイルににんにくの香りを移します
6)火をとめ、醤油、レモン汁、青じそ半量を入れ、軽く混ぜます
7)6)を1)のパスタのボールに入れ、2)のトマトとともに混ぜ合わせます
8)皿に盛り、半量残しておいた青じそをトッピングし、ブラックペッパーをかけていただきます

「トマトと青じその冷製パスタ」への4件のフィードバック

  1. おいしそうですーーー!!!写真を見ただけで、今すぐにでも作って食べたくなりました。明日から一週間旅行に出るので、帰ったら絶対に作りたいと思います!ナスヌードルもとても美味しそうです。お腹がすいてきました。:)

    1. ももさん、コメントありがとうございます!!
      本当にとってもおいしいので、ぜひ作ってみてください。
      ツナをプラスしても、また違ったおいしさになります!

  2. 美味しかったですーーー。たった今、夜ご飯でいただいたところです。ラッキーなことに、友人からシソをいただいたのでシソたっぷりのとっても日本なお味でした。最高です。夫の好みかどうかよくわからなかったので少し心配しましたが(アメリカ人なので、シソの風味やおしょうゆ味のパスタは初めてだったようです)大感激でぺろっと食べてしまいました!今まで食べたパスタ料理の中でもベスト3に入る美味しさだったそうです!これからも色々なレシピ、楽しみにしています。 あ、ところで、おかひじきって何ですか?英語でなんというかわかります?私の住んでいるところでも手に入るか探してみたいのでお願いします。

    1. ももさん、パスタが気に入ってもらえてよかったです!しょうゆ✖️ガーリックのおいしさは、万国共通なのかもしれませんね。もし手に入ったらおかひじきのパスタも試してみてください。英語ではSaltwortというようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です