キヌア入り生春巻き〜ピーナッツソース添え

IMG_0230生春巻きはとってもヘルシーな上においしく、簡単にできるので、春・夏の定番メニューです。具のアレンジも自由自在。ソースを変えれば毎週でも飽きずに食べられます。茹でたエビや蒸した鶏を使ったものもおいしいのですが、ベジ・バージョンも負けていません。おしゃれでヘルシーなフィンガーフードとして、おつまみにもおすすめです。

 

IMG_3538

米粉でできたライスペーパーは、水で戻すと透明になり、中の具が透けて見えます。カラフルな野菜をまくと、とてもきれいで、目でもおいしい一品です。配色を考えて、何を入れようか、と考えるのもたのしいです。小麦粉でできた皮を使って油で揚げた揚げ春巻きもおいしくて大好きですが、生春巻きは皮のもちっとした食感と、中に入れる具とソースのコンビネーションが楽しめて、全く別の美味しさがあります。

巻き方は簡単です。水に浸して柔らかくした生春巻きの皮を広げ、中央に葉物野菜を置き、アボカドやパプリカなどの他の野菜、キヌアを適量のせます(キヌアの炊き方はこちら)。手前の皮を具の上に被せるようにし、両側の皮も中央に向けて折り込んだら、一番向こう側の皮を手前に持ってきて、皮同士をくっつけます。皮が湿っているので、簡単にくっつきます。具を多く入れすぎると巻きにくいので注意します。

入れる野菜は何でもかまいません。今日はパプリカやアボカド、トマトとスイスチャードを使いました。アボカドは脂質が多く、クリーミーで、他の野菜にないボリューム感が出ますから、主役級の具としておすすめです。パプリカは甘みと肉厚のボリューム感、そして色がきれいなのでよく使います。水菜、人参、きゅうり、蒸したナスなども、よくあいます。

IMG_4497

チリソースで食べるのもいいですが、ピーナッツソースもおすすめです。今回はタンパク質を補うためキヌアを入れてみたのですが、ピーナッツソースとの相性抜群で、さらにおいしく仕上がりました。春雨や蕎麦を入れてもおいしいです。

キヌア入り生春巻き

生春巻きの皮・・・10枚
キヌア(炊いたもの)1カップ
スイスチャード(レタスなどでも可)・・・3枚
アボカド・・・1こ
パプリカ・・・1個
トマト・・・5個

ピーナツソース
無糖ピーナッツバター(またはピーナッツペースト)・・・大さじ3
はちみつ・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
レモン汁または酢・・・大さじ3
にんにく・・・1かけ

作り方
1)ピーナッツソースの材料を全てバーミックスで混ぜておきます
2)野菜は食べやすい大きさに切ります
3)生春巻きの皮を1枚ずつ水につけてやわらかくし、中央に2)、キヌアをのせて巻きます
4)半分に切ってピーナッツソースを添えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です