<母の日>手作りギフトーバスソルト&フットスクラブー

IMG_0622
ペパーミントのフットスクラブ

5月10日は母の日ですね。簡単に手作りできるセルフケア用品を贈るのはどうでしょう?定番のお花に添えても喜ばれると思います。忙しく家事や仕事をこなすお母さんに、お風呂でホッとリラックスしながらデトックスもできるバスソルトと、これから夏に向けて素足になる機会が増える前に、冬の乾燥で硬くなったかかとをお手入れするフットスクラブをご紹介します。

まずは、かかとの古い角質を取り除く、シュガースクラブをご紹介します。私が普段使っているのは、以前にご紹介したこちらですが、色がおしゃれでないですので、今回はギフト仕様にしてみました。すっきりとした使用感のため、ペパーミントのエッセンシャルオイルを入れ、見た目も爽やかにするため、白砂糖を使って、抹茶パウダーできれいな黄緑色のスクラブに仕上げました。製菓材料売り場で売っている食用の着色料(緑)を使ってもOKです。ホホバオイルなど、黄色いオイルを使うと、それだけできれいな黄色のスクラブになるので、そのままの色でも十分おしゃれです。

IMG_3639

ペパーミントのフットスクラブ

  • 白砂糖・・・1.5カップ
  • ホホバオイル(グレープシードオイル、ココナツオイル*、アボカドオイルなど)・・・1/2カップ
  • ペパーミントエッセンシャルオイル・・・10滴
  • 抹茶パウダ(青汁バウダーでも可)・・・小さじ1/2

*ココナツオイルは固まっている場合には湯せんでとかしておいてください。

(作り方)材料を全て混ぜて瓶に詰めます。

(使い方)湯船で温まったあと、またはフットバスを使ってかかとの皮膚がやわらかくなってから使います。大さじ1〜ほどを手に取り、やさしくマッサージして、洗い流します。そのままでもしっとりですが、さらにココナツオイルを塗ると、ひどいかさつきも改善します。

 

IMG_8685

次にバスソルトです。デトックス効果のあると言われているマグネシウムフレークを使っています。以前、頭痛が頻繁にあって、鎮痛剤を飲むのを減らしたいな、と思っていた時に、マグネシウム不足と偏頭痛に関連性がある、という話を聞いて、使い始めました。(マグネシウムはほとんどの人が不足している栄養素だそうです。)うちでは、これをそのまま湯船に投入しています。が、今回は「母の日ギフト用」なので、ラベンダーオイルで香り付けしてバージョンアップさせました。水道水の塩素を除去する効果のある重曹、美肌・健康増進作用のある海塩もプラスしました。

IMG_9160
ラベンダーのバスソルト

 

ラベンダーのバスソルト

  • マグネシウムフレーク・・・3カップ
  • 重曹・・・1カップ
  • 海塩・・・1カップ
  • ラベンダーのエッセンシャルオイル・・・10滴

(作り方)全ての材料をよく混ぜて、瓶に詰めます。乾燥させたラベンダーを飾りに添えるとオシャレです。

(使い方)湯船の大きさにもよりますが、1/2カップ〜1カップ程度*を浴槽に入れてください。週に1,2度、ぬるめのお湯に30分ほどつかるとより効果的だと言われています。

*マグネシウムのみを使う場合の使用量は1カップ(250cc)と容器に表示されています。マグネシウムフレークのみを使う場合も、このバスソルトの場合も、私は1/2カップ弱で十分効果を感じるので、使用量は幅をもたせています。お好みの量にかげんしてください。

皮膚は人体最大の臓器です。食べ物からの吸収率が比較的低いマグネシウムを、皮膚から吸収するのはとっても理にかなっているように思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です