コーンブレッド・マフィン(GF/Vegan)

IMG_8839先日、食事用の甘くないコーンブレッドをご紹介しましたが、今日はおやつにぴったりの甘くてしっとり、リッチなコーンブレッド・マフィンです。リッチな味でありながら、卵、乳製品、小麦粉を使わない、アレルギーのある人にも優しいマフィンです。

アメリカでは甘いコーンブレッドを食事と一緒に食べるのが普通だそうですが、個人的には甘いコーンブレッドはお茶と一緒に楽しむのが好きです。大きな型で焼いて切り分けてもいいのですが、このレシピはほろほろと柔らかい生地なので、食べやすいようにマフィン型で作りました。

今回は、とうもろこし粉とオーツ粉を入れました。スーパーのシリアルのコーナーで売っているオートミールやロールドオーツ(味のついていないもの)をフードプロセッサーで粉にしてから使っています。

オーツは常備しておくと、とても便利な食材です。そのまま自家製グラノーラやシリアルバーを作ったり、粉にしてクッキーやタルト台にも利用できます。

最近ではオーツの栄養も注目されています。食物繊維やミネラルが豊富で、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。米国食品医薬品局(FDA)によると、オーツは大腸直腸がんのリスクを下げる効果があるそうです。

オーツはグルテンを含まない穀物ですが、小麦などと同じ製造ラインで加工された場合、グルテンが混入してしまう可能性があるそうです。グルテンを完全に除去する必要があるセリアック病などの場合には、100%グルテンプリ―の認証のついた製品を選ぶようお薦めします。

レシピではカシューミルクを使用していますが、豆乳やアーモンドミルクでもできます(市販のものを使う時には甘くないものを選んでください)。

コーンブレッド・マフィン(グルテンフリー/ビーガン)

材料(マフィン型6個分)
カシューミルク(豆乳やアーモンドミルクでも可)・・・200cc
レモン汁・・・小さじ2
ココナツオイル・・・50g
きび砂糖・・・70g
とうもろこし粉・・・70g
オートミール粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・小さじ2

作り方
1) ボールにカシューミルクとレモン汁を入れ、かき混ぜてしばらくおいておきます
2) 別のボールにトウモロコシ粉、オートミール粉、ベーキングパウダーを入れ、泡だて器でぐるぐる攪拌します
3) 1)にとかしたココナツオイルと砂糖を入れて混ぜます
4) 3)に2)を加えて混ぜます
5) マフィン型に8分目まで流し入れます
6) 180度に余熱したオーブンで18分~20分焼きます

Notes
カシューミルク(豆乳またはアーモンドミルク)は常温に戻しておきます。冷蔵庫から出したばかりだと、ココナツオイルを入れた時にココナツオイルが固まってしまいます。
ココナツオイルは冬場は常温で固体になってしまっているので、温めて溶かしてから使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です