人参ドレッシング

IMG_3061こんにちは。今日は人参を使ったドレッシングをご紹介します。生野菜のサラダは、加熱すると壊れてしまう酵素を取ることができるため、たっぷり食べたいですね。そこで注意したいのがドレッシング。市販のドレッシングには摂取を避けたい成分が含まれているのがたくさんあります。例えば、

・糖分(砂糖、果糖ブドウ糖液糖など)が一番多く原材料として使われている

・遺伝子組み換え不分別のなたね油や大豆油が使われているもの(遺伝子組み換え不分別とは、分別していない、つまり混ざっているということです。)

・特にアメリカからの輸入品で、コーン油、大豆油、なたね油が使われている製品は、遺伝子組み換えと考えられます(アメリカではとうもろこしの88%、大豆の94 %、なたねの90%が遺伝子組み換え作物です)。

また甘み付けに使われている果糖ブドウ糖液糖は、トウモロコシのでんぷんから作られる糖で、そのトウモロコシの大半は遺伝子組み換え作物です。

このような原材料が使用されていない、シンプルでおいしいドレッシングもたくさん売られていますが、値段が高いですね。1回分ずつ手作りするほうが、新鮮で栄養価が高く、おいしいドレッシングでサラダがおいしく食べられます。

このドレッシングの主役である人参には、βカロチンが多く含まれます。βカロチンは油分と一緒に摂取すると、吸収がよくなります。そこで、良い油の代表、オリーブオイルを一緒に入れています。

今回は、カブ、アボカド、ルッコラのサラダに使いました。トマトやパプリカ、クルトン、軽く煎ったナッツ、卵を食べられる方はゆで卵などにもとっても良く合います。ガーリックトーストにひたして食べるのもお薦めです。これから新ニンジンがでまわる季節です。ぜひおためしください。

人参ドレッシング

材料(たっぷり使って2人分)
新玉ねぎ・・・1/2 個(入れなくてもok)
人参・・・小1本
ニンニク・・・1かけ(入れなくてもok)
酢・・・大さじ3
醤油・・・大さじ3
オリーブオイル・・・大さじ3
はちみつ・・・大1*(米飴やきび砂糖で代用可)
こしょう・・・少々

作り方
全ての材料をミキサーにかけます。バーミックスで作る場合には、人参、ニンニク、玉ねぎを小さく切ってからバーミックスで攪拌します。

「人参ドレッシング」への2件のフィードバック

  1. にんじんのβカロチンをオイルと一緒にとるという発想、ナイスアイデアです。

    ところで、パーミックスとは何でしょうか?
    野菜とかをつぶすような特殊な機械でしょうか?

  2. まろんさん、コメントありがとうございます。
    バーミックスの説明が不足していてすみません。
    バーミックスとは、ハンディタイプのミキサーです。鍋の中に直接入れて回すことでスープを作ったり、今回のように容器の中でドレッシングを作るのに重宝します。
    ブラウン社のマルチクイックという商品もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です